私も、トールペイントをはじめたばかりの頃は、聞きなれない言葉が多く

 

戸惑ってしまいました。なので、トールペイントを習っている時に、

 

よく出てくる用語をまとめました。

トールペイントで良く出てくる用語集!

トールペイント用語集

トールペイント用語集あいうえお順

■アクセント・・・絵をより生き生きとさせるために、最後の仕上げに少しアクセントの色を加えること

 

■ウォッシュ・・・絵の具に水を足して薄める。薄めると透明感のある色で描く方法

 

■グレーズ・・・描き終えた絵に、水またはメディウムで薄めた絵の具で薄く色をかける。この方法によって色に深みが出る

 

■サイドローディング・・・まず筆を水で濡らします。筆の片側の角に絵の具を付けてパレットの上で筆を上下に動かす。すると色に濃淡が生まれ

描く方法

 

■サンディング・・・サンドペーパーで素材の表面を磨いてなめらかにする

 

■シェイド・・・光が当たらない陰影部分の所をいう

 

■ステイン・・・木目を活かしつつ、透明な色で全体を塗ること

 

■スティップル・・・ステンシルブラシ(先の平らな筆)で絵の具を付けて軽くたたくように描く方法

 

■スポンジング・・・スポンジや海綿で絵の具を取り、たたくように模様を作ること

 

■下地剤・・・木材のヤニを抑えて絵の具の定着を良くするメディウムのこと

 

■ダブルローディング・・・平筆の両方の角に違う色を付けてグラデーションで描く方法

 

■ドット・・・スタイラスや丸筆の穂先を使って点を描く方法。花の芯などを表現する際に。つまようじや書けなくなったボールペンでも代用可。

 

■ドライブラシ・・・乾いた筆に絵の具を取る。余分な絵の具を拭き、かすれたような色を付ける方法。ハイライトやアクセントで使う

 

■ハイライト・・・光が当たった時に一番明るい部分をいう

 

■ベースコート・・・絵のそれぞれの箇所の一番下になる色のこと

 

■マスキング・・・マスキングテープを使い、塗りたくない所に貼ること

 

■メディウム類・・・触剤とも呼ばれ、いくつかの種類がある。絵の具に混ぜたり絵の具を薄めたりと作品を立体的に仕上げる効果などがある

 

■モデリングペースト・・・素材をデコボコのある表面にするためにぬるペースト

 

■ライト・・・光が当たった時に明るい部分の色

 

■ライナーワーク・・・ライナー筆を使用し、細く長い線を描くこと

 

※トールペイント用語は随時追加予定!