植木鉢をトールペイントで彩ってあげると、
オシャレ感が出て、庭や玄関においてあげると
華やかさが出て良いんですよね。

我が家でもトールペイントで描いた植木鉢にお花を
植えて置いてあるのですが、ヨーロピアンな雰囲気が
感じれて気に入っています。

今回はいくつか私がトールペイントで描いた植木鉢をご紹介したいと
思います。

植え木鉢カバー

トールペイント植木鉢カバー

ヤスリを使い、ベースの部分を古びた感じにしています。

カンマストークをふんだんに使って描いているので、

カンマストークが上手く描けないと綺麗な作品にならないし、

バランスも大事なので、中級者から上級者向けの作品です。

アヒルの植え木鉢カバー

ティン(缶)素材
可愛いアヒルの親子を描いてみました。

マンガちっくに仕上げたかったので、ペンを使って縁取りをして、マジックで音符を描いています。

ストライプになっている部分はコーム(くしの様なもの)で引っ掻いています。

植木鉢①

同じくティンにダブルローディングのバラを描きました。

こういう単純なデザインの場合下絵は描かなくて良いので、早く仕上がります。

持ち手の部分にさりげなく同じ絵を描いているのがポイントです。

植木鉢②

上と同じバラをデザイン違いで素焼きの鉢に描きました。

このような素焼きの鉢は下準備も仕上げのニスも必要ないので、手軽に描けると思います。

植木鉢③

上と同じ素材に、今度は丸筆でバラを描いてみました。

初心者向けの絵なので、簡単なうえに早く描けると思います。

TOKO先生

植木鉢も、ホームセンターで買ってきた物ですと、
無地で何だか寂しい感じ。
それにオリジナリティがないですよね・・・

でも、トールペイントで描くと一瞬にして、世界でたった一つのかわいい植木鉢ができてしまいます。
私はアヒルの植木鉢がかわいくって一番気に入ってますね!