TOKO先生

今回は日常的にもよく使う、ペンにトールペイントで色々と絵を描いてみました。

お花や果物、動物なんかをトールペイントで描いてあげると可愛いくなります。

トールペイントでペンを描くその1

トールペイントペン

白木のボールペンに好きな色を塗り、動物、花、果物など、色々なタイプの絵を、

ダブルローディングやカンマストーク等の色々な技法を使い描いてみました。

 

左はダブルローディングのバラ。

真ん中は丸筆で描くいちご。

 

右はウォッシュとカンマストークを使って描き、ラメをプラス。

トールペイントでペンに描くその②

左はステンシルブラシを使い、くまと、うさぎのぬいぐるみを描いています。

真ん中はカンマストークを使いデイジーを描いていますが、細かく描く為、丸筆ではなくライナー筆を使っています。

右はサイドローディングとダブルローディングを使い、青い鳥と花を描いています。

トールペイントでペンに描くその③

左はパッチワーク風の猫。

綿棒で足跡を描きました。

右は丸筆のティッピングで紫陽花を描いていますが、
小さい花を沢山描くのは大変な作業になります。

トールペイントでペンに描くその④

左はオランダの描き方(オランダフォークアートとかアッセンデルフトと呼ばれています)
で描いています。

丸筆で流れる様に描くのがポイントです。

右は丸筆で描くバラと、サイドローディングを使ったレースの組み合わせ。

まとめ

TOKO先生

ボールペンは細くて丸いし、持つ所がないので、ベースやニスを塗るのも凄く大変でした。

全てを小さく描かないといけないので集中力もいりましたが、
どれも大満足の仕上がりになり、我ながら気に入っています。
ただ、勿体なくて使えません(^-^;

トールペイントはこういった細かいものにも描けるので、ぜひペンなどにも
描いてみてください!