富田うれしい

TOKO先生はトールペイントで描く動物もお上手だと評判ですよね♪


TOKO先生

はい、おかげ様で動物シリーズもご好評いただいていますね!
特にほっこりした動物のモチーフは癒されますよね。


富田うれしい

今回は猫シリーズを紹介していただけるとのことで、
私も楽しみにしています!

 

トールペイントの猫の耳かき

トールペイント猫

トールペイント猫の耳かき

TOKO先生

魚と熊、土台はデザインしてもらって、そこに
100均の耳かきを通して作りました。

猫は目がクリクリっとした一目で猫と分かるような
タイプのものと、ちょっと丸顔の2種類のものを描きました。

丸顔の猫の方はクマにも見えて間違われることもあります(笑)

普通の耳かきだとつまらないですが、猫が描いてあると使う度に
可愛いなって思うので気に入っています。

猫の絆創膏入れ

TOKO先生

耳かきと同じデザインで、絆創膏入れの箱も作ってみました。

この箱もデザインして作ってもらい、絆創膏の箱がスポっと入る
ような大きさと形になっていて、こだわっています。

猫の顔にも絆創膏が貼ってあるデザインになっています。

また、箱のベースの模様は「コーム」と言って櫛の様な道具で
模様をつけて網模様にしています。

 

猫の爪切り


TOKO先生

爪切りも同じデザインの形のもので作ってもらいました。

猫好きの人に、こういった猫のデザインの爪切りは欲しい!
って言われて頼まれることもありますね。

猫のバスケット

TOKO先生

これは小物入れですね。

デザインとしては、猫が蜂を捕まえようとして、手を一生懸命
動かしている場面を表現しようと描いています。

猫の鈴は実際に本物の鈴をワイヤーで通してつけており、
開ける度に鈴が鳴るようにしています。

猫の周りに描いてある花はデイジーの花です。

猫のカバン

TOKO先生

バスケットと同じモチーフでバッグに猫を描いてみました。

ネジで動くひよこのオモチャを不思議そうに見ている
猫をイメージしてデザインしています。

上につけているキーホルダーも同じデザインで作ってあります。

トールペイント猫・まとめ

富田うれしい

先生!すごいですね~
猫といっても、いろんな表現があるし、どんな雑貨にもトールペイントできちゃう!


TOKO先生

はい!
トールペイントを習うと、今回ご紹介した様な猫の作品を
自分で作ることができるので、猫が好きな方にもぜひ作ってみて
欲しいですね。

身の回りの普段使うアイテムに猫のデザインがあると、きっと
楽しい気持ちになると思います^^